スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | | |
なおきのダイエット物語 ~第2章:決意~
2008-04-06 Sun 23:17
宣告を受けて、ダイエット生活が始まった。
とはいっても、来年の夏まで半年以上もあり、本人としても、「食べ過ぎて周りから引かれた」程度にしか考えておらず、食生活はおろか、運動する気にもならず、ただただいたずらに日が過ぎていった。

年が明けて、2006年2月。
小学校時代の同窓会幹部6人ばかりで行ったスキー旅行に行き、草津の温泉に行った時、体重を量った。

127キロ。
宣告されたにもかかわらず、増え続ける体重。これを見たりゅーちゃんは一言。

俺は本気だからな。もう言わんから。

言葉を失った。ただただ自分が情けなくなった。

おりしも、この当時自分は重度の睡眠時無呼吸症候群になっており、痩せるか、扁桃腺を切除する手術を受けるかを迫られており、
会社でも成績不振に陥っており、上司から、
「太ってるから、成績が上がらないんじゃないか?」という、厳しい言葉をかけられてしまう始末。
全て流れは悪い方向に向いていました。
ただ太ってる。
それだけで、お金は食費から医療費からなくなっていき、仕事もうまくいかない。
友人から必要以上に心配をかけてしまう。

この状況を打開する特効薬。

痩せるしかない。

夏のライブまで半年を切った中、初めてそう決意するのでした。
~次回へ続く~
スポンサーサイト
別窓 | 自分史 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<なおきのダイエット物語 ~第三章:始動~ | 寝る寸前のブログ | なおきのダイエット物語 ~第一章:宣告~>>
コメント
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 寝る寸前のブログ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。