スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | | |
なおきのバンド史 ~#4 念願~
2008-03-17 Mon 22:05
外様である「GOTTA」が後夜祭に合格したことは、いろいろと反響が多かった。
「審査員を脅しただろう」や「もう一回オーディションし直せ」だの。
自分的には、「してやったり」という気分があって、ものすごく優越感に浸っていた。
 この年の後夜祭に出たバンドは四組。いずれも20組ものバンドがひしめき合うオーディションを制したつわものだ。

  ・AOI(Yen Town Band)

  ・GOTTA(黒夢)

  ・シュメールマン(Kemuri)

  ・DOLCE(X)

後夜祭当日、クラスの出し物を早めに済ませ、下北にダッシュで行き、ステージ用のTシャツを購入。ダッシュで高校に戻り、どうにかリハに間に合った。自分にとってちゃんとしたPAさんとリハをするのが初めてだ。
他のバンドのリハを見ながら、まだ客の入ってない広い体育館を見渡して、なおきはひとり「緊張のピーク」と「達成感」のハイブリットを感じていた。言葉に言い表せないような感覚。

「俺もここまできたんだな・・・。」

一年前は友人のライブを見る感覚で会場にいたが、今日は違う。友人達に見せるのだ。そう思うと背筋がピンとなる。
「なにはともあれ、あたって砕けろ。やるならやらねば!」
そう、自分に言い聞かせた。

二時間後・・・。

体育館は溢れんばかりの生徒達と熱気でごった返した。舞台袖からはその歓声のみしか確認できない。
他のバンド・メンバーも一同さっきのリハのときになおきが感じたハイブリットにさいなまれているのであろう。みんな妙に固くなっている。それもそうだ、高校最大の大舞台。400人を超えるステージなど高校生にはそう経験できる機会ではない。

「何固くなってるの?みんな~。」

と、言ったのは「AOI」のベースで三年間後夜祭に出続けたトモヒロ。すごくリラックスできている。すごいな。

司会の前説と同時に会場のボルテージは一気にヒートアップして来ている。舞台袖でも感じられる。

まずは緞帳のうらに「AOI」のメンバーがスタンバイし、決まりきったことのように緞帳が上がり、観客の顔の海が押し寄せる。

はじまった。

後夜祭だ。

夢にまで見たステージ!

「AOI」の演奏に涙する女子が舞台袖からうかがえる。もはや、常軌を逸した世界だ。
短すぎる「AOI」の演奏が終わり、ついに二番手「GOTTA」の登場である。

悔しいことに、ほとんど記憶が残っていない。

それだけ立ちたかったステージ。

なおきは涙していた。泣きじゃくるわけではない。ただただこの空間を構成することが出来ただけで、感極まったものがある。

148377969_140.jpg

上の写真はかろうじて残っていたものだ。
これでは臨場感など微塵も伝わらないお粗末なものであるが、
載せておこう。
正面が僕です。なんかやっぱ写真だと趣がないな。
でも、自分の中ではよくわかる。
本当に最高のステージだった。


「GOTTA」が終わって、103は客席のほうに行った。

すると、シゲがやってきた。
「よかったよ!!本当かっこよかった!!」
シゲは少し目を赤らめて言った。
「シゲ、本当にありがとう!ありがとう!」
二人の友情を確認しあった時だった。

なにはともあれ、トリの「DOLCE」のステージで全ては完結し、高校の青春が幕を閉じた。
そこから受験というしわ寄せが待っている。
しばしの活動停止である。

#5へ続く!
スポンサーサイト
別窓 | 自分史 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<なおきのバンド史 ~#5 受験~ | 寝る寸前のブログ | なおきのバンド史 ~#3 重圧~>>
コメント
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 寝る寸前のブログ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。