スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | | |
もうすぐ新年度☆
2008-03-31 Mon 22:17
なんだかんだありまして、平成19年度終わりましたぁ。
そうこう言ってるうちに平成20年度こんにちわなわけです。

新年度からはいろんなことが新しくなります。
全て話していたらキリがないので、割愛しますが、一番世間をにぎわしているのは、暫定税率の撤廃による、ガソリンの値下げちゃんです☆
リッターあたり、実に25円の値下げ!
これはモータリゼーション一家にはうれしい話ではありますが、あくまでも減税による措置なわけで、元値には何等影響はありません。
それどころか、福田首相の暴走により、一か月以内に増税するらしいので、さながらタイムセール状態!
これではオイルショック時の駆け込みトイレットペーパー買い漁りに発展し兼ねないわけです。

さて、次に大いなる変化はゴミの分別です。
今までは、可燃と不燃と資源ごみのトリコロール状態でしたが、バランスが変わります。
不燃の回収日が隔週になり、それも金物・陶器・ガラスに限られます。
プラスチックやゴムやビニールはどうなるのかというと、大半は可燃になります。プラスチック容器は資源ごみになり、資源ごみの枠が格段と増えます!
ちなみにタバコは全て可燃です!
この線引きはまだまだはっきりはしないのですが、今回の狙いはどうやら不燃のキャパがオーバーしたことにあるそうです。
すごく分かりやすくていいんですけど、今まで不燃のものをいきなり可燃で出すのは、微妙に違和感を感じるのは僕だけでしょうか?
とまぁ、そんなこんなで新年度はまもなくはじまります!
スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
春夏秋冬ライブショー!
2008-03-30 Sun 23:14
ライブに起こしいただいた皆様。

image01.jpg


本当にありがとうございました!

今回は池袋のハコだったり、りゅーちゃんの師匠のHITOSHIさんの主催ライブともあって、
直前の直前までガチガチに緊張してましたが、最高のライブが出来ました。
今回は「りゅうたろう」ソロのお手伝いともあって、逆にぬくぬくやっていたという話もありますがw

今回やった曲は全部で5曲。うち3曲出ました。

<演奏曲解説>(*)…なおき参加の曲
1.春夏秋冬ライブショー(*)
オープニング曲。今回のためにお披露目となりました。
これがノリ一発の曲ではあるんですが、ハモリもタンバリンもそこそこできてて、
また他の機会にやりたいです!最高!

2.Asamade-Nomo(*)
もはや二曲目の王道!個人的に本当この曲にいろんな意味で助けられたことが多いです。
ちょい走り気味だったそうで・・・・。

3.亜麻色の髪の乙女
早々にハケて、りゅうたろうタンピンでの演奏。
なんとカバー曲。この選曲は個人的に気に入ってて、
この手のGS系の曲はりゅうたろうにこれからもどんどんやってほしいです。

4.秋のそら
フルート・ひとしを迎えての一曲。
意外とこの取り合わせは初めてで、ギターとフルートのハーモニーが絶妙でした!

5.Minnano-Chikara(*)
最後はやっぱこの曲。
皆さんの手拍子もあって、文字通り「みんなのちから」で楽しく演奏できました。

本当、反省点は重箱の隅をつつけば、いっぱい出てくるんですけども、
とりあえず、貴重な経験が出来ました。
またお呼びがかかりましたら、ぜひとも出たいです。

本当ありがとうございました!
別窓 | 音楽系 | コメント:2 | トラックバック:0 |
四月から新体制。
2008-03-29 Sat 23:23
こないだ書いたブログの嫌な上司ナンバーワンの「キング」と、
四月から営業タッグを組むことになりましたorz

これに対し、キングは
キング「よろしく頼むよ。お前はいっぱい見込み客を作ってくれるからな。」

なおき「は、はい。よろしくお願いいたします・・・。」

キング「よっしゃ!見込み客バンバン上げて、俺に回せ!バンバンプッシュしちゃる!」

なおき「は、はぁ・・・。」

こういう上司いますね!
出だしだけテンション高いヤツ。

前に何度か見込みのあるお客さんをキングに追及してもらったことありますが・・・。

追求忘れ!多し!

そのくせ下の人間には、

キング「追求忘れは悪だからな!」

四月から枕をぬらしますorz
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
桜咲く頃。
2008-03-28 Fri 23:40
なんかこの春は花粉症の猛威と若干早めの桜の開花と。
政府がムチャムチャもめてるところ。
ほんのりお気楽な一日が過ぎていきます。

実は知っている方もいらっしゃるでしょうが、
我らがりゅーちゃんが来たる3月30日、日曜日。
ソロライブをするんです!

そ・れ・に!

俺も出る!

まぁ、サポートとしてなんですが、
景気よく何曲か歌います!

「告知おせーよ!」
と、言われるやも知れないんですが、

お暇なら来てよねぇ~~!!




『春夏秋冬~HITOSHI with 音団紀行 vol.1』

【日時】 2008年3月30日(日)
【場所】池袋 鈴ん小屋(りんごや)
【開場/開演】 17:00/17:30
【ticket】 ¥1500(D代別途)
【開場/開演】 17:00/17:30

2008012F182F642Fd0148264200802152045082Egif.gif
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
年度末は大忙し!
2008-03-27 Thu 23:21
社会人的に言わせてもらうと、三月は年度末!
いわゆる、企業の師走です。
四半期の〆月であり、営業マンの自分に取ってみても、その評価が下される時期なわけです。

自分のノルマは三か月で250万円分の新規の先物注文が課せられている。


現時点の成績はなんと249万!



惜しい!あと一万!


三月以内に始めるには、アプローチ含めて四日前までに話がまとまってないといけないわけで、時は3月27日。
もうどうあがいても、無理である。


一万足りないなんて・・・。


自分らしいわい!
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
優柔不断な自分。
2008-03-26 Wed 21:52
昼飯は社員食堂で取ることが多い。

今日はラーメンだった。
毎回どうしようか悩むんだけど。
社食のラーメンは大してうまくはない。
その時自分はどちらかと言うと、ファミマのタラコスパゲティが食べたい。

ラーメンVSタラコスパ

タラコスパゲティは好物!
食べたら旨いわけだから、ハッピーにはなる。
しかし、カロリーでいったらタラコスパゲティの方が明らかに高い!社食のラーメンは旨くない分カロリーは控え目。
ラーメンは社食なわけだから、まずいけど、無料。


決定!
コストの差でラーメンの勝ち!
旨くない麺をすすることにしましたとさ。
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
嫌な上司ワースト一位の栄冠を貴方に。
2008-03-25 Tue 23:46
ちょっと前の日経新聞に「嫌な上司ランキング」が掲載されていて、みごと一位に『言うことがコロコロ変わる上司』がランクインした。

それを地で行く上司が僕の回りでもいまして、通称「キング」といいます。

キングはびっくりするくらい言うことがコロコロ変わるんです。

つい先日もミーティングで、
キング「ノルマは必達だから、それには下方修正してでも日々の営業目標は達成すること!」
と言ってました。
つまり営業ノルマを達成するのはできて当たり前。そのためには日々の営業目標を下げてでも達成しろというお達しだったみたいです。


次の日。
ミーティング中にある先輩が、
「今日の営業目標なんですけど、××件と昨日書きましたが、下方修正して○○件にして、質を向上させます!」
と、昨日のキングのお達しに習って、報告したら、

キング「そんなの受ける分けないじゃん!なめんな!」
と、一刀両断されました。


えぇーっ!?

昨日自分が言ってたじゃん!!!


こういう上司には下はついてこないです。
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
寝言
2008-03-24 Mon 23:28
どうも、僕は寝言を言うことがあるらしい。
こないだ相方に指摘された。

内容は、
なおき「・・・・ねぇ、予約した?」
相方「え?なにが?」
なおき「介護のだよぉ。」
相方「は?どういうこと?」
なおき「・・・zzz」
というかんじである。

妹や友達の寝言は何度か聞いたことがあるが、
まさか自分が寝言を言うとは・・・。


とはいえ、寝言は不思議なもので、
聞いた人がいて初めて、寝言を言ったことになるわけで、
夜な夜な、自分の知らないところで、自分が何か寝言を言っているわけになる。
もしかしたら、ものすごく面白いことを言ってるかもしれないし、
絶対秘密にしていることだって言ってるかもしれない。

そういえば、中学校の頃。
朝、母親が起こしにきたとき、
「気をつけ!礼!着席!」
って、寝言を言ってたのを思い出した。
たしか、学級委員をやっているときだった。


深く考えれば、寝言は面白いものだ。
今日も今日とて、どこぞの誰かがものすごい寝言を言ってるかもしれない。
それはものすごいチャンスをみすみす逃しているかもしれない・・・。
別窓 | 未分類 | コメント:2 | トラックバック:0 |
休日出勤。
2008-03-23 Sun 22:08
今日は日曜にもかかわらず、コンプライアンス(法令遵守)研修とのことで、
八重洲のビジネスセンターにて三時間みっちり受けてきました。
毎週土曜は出勤してるので、代休を土曜に取ったとはいえ、
日曜日に出社するのはどうも苦手です。

研修内容は、「法律守って営業しないと大変なことになるよ」という内容。
知りきった内容をつらつらと並べられてるだけの不毛の三時間。

本当に疲れだけ増幅していきます。

あぁ、だるっ!

明日からまた月曜だと思うと、憂鬱でしょうがないな。
なんだか、愚痴ってばっかの日記なんで、今日はこの辺で・・・。
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
中野の丸井その後・・・。
2008-03-22 Sat 22:17
532364890_104.jpg


旧中野丸井本店

地元のデパートとして、生まれたときからお世話になった丸井中野本店も、
去年の八月を持って閉店となりました。

その後、取り壊しが急ピッチで行われ、
もうあの丸井の看板は見れなくなりました。

そうなると、地元では
「跡地の活用はどうなるのか?」
これが話題の焦点になりました。




そんな折、




跡地活用決定!





その内容は!





丸井中野店!!




丸井の復活です!
一応、店舗の老朽化や品揃えの悪さによる客離れにより、
泣く泣く閉店になったのですが、
どうも丸井がなくなり、活気の薄れてしまった南口側の近隣住民の懇願や
「中野は丸井の創業の地」との丸井側の考えが合致。
2010年冬をめどに丸井中野店の再開業となったわけです。

しかも、今度は店舗のほかに丸井のグループ会社のオフィスも集約するそうで、
地下一階・地上七階建ての旧ビルから地下一階・地上13階建ての
巨大な複合商業施設になる模様。

とはいえ、2010年冬なので、まだまだ先の話。
今は辛抱して待つしかない今日この頃です。
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
TRAIN#3 ~東西線~
2008-03-21 Fri 22:55
touzaisen.jpg


東京メトロ東西線

さてさて、TRAIN第三回目は東京メトロ東西線。

僕の通勤路線です。
東西線は地下鉄区間(中野~西船橋間)、直通区間(三鷹~中野間、西船橋~津田沼・東葉勝田台間)からなるなかなか広範囲にわたる路線です。

そんなんで、
寝過ごすと大変(笑)

冗談抜きで爆睡すると、成田の近辺までいざなわれてしまいます。
だから、僕はいつも座席に腰を掛けず、入口のつり革や手すりに陣取って
極力寝ないように心がけてます。

東西線は将来、高田馬場から短絡線を一本と押して、西武新宿線に乗り入れるだとかしないとか」
別窓 | TRAIN | コメント:0 | トラックバック:0 |
今夜の気分はLOW & DOWN♪
2008-03-20 Thu 23:39
今日はLORANのライブを観に行きました。

場所は渋谷La.Ma.ma.!
ミスチルが下積み時代に出演していたことで有名です。

対バン形式で、
1.ニコ★ロック
2.Stevie Wonderful
3.LORAN
の順でした。

まずニコ★ロック。
ボーカルが女の子ですごくかわいかったです。
ただ、お客さんもトップバッターだけにまだまだ暖まってなかったんで、
やる側からしてみれば、やりづらそうな感じでした。

次はStevie Wonderful。
去年、野音のライブで見たことがあったので、知っている曲は多かった。
とりあえず、MCがすごかった。べしゃりであそこまで盛り上げることが出来るなんて。

そして、LORAN。
やっぱりかっけぇ!
ワンマンじゃなかったので、若干曲は少なめでした。

つくづくこういうバンドを観に行くと、
飽きるか飽きないかがネックになってくる。
演奏の上手さで売るのか、MCの面白さで売るのか・・・。
要は客をノセるのが大事なわけで、いろんな意味で今後の参考になりました。

-各バンドのオフィシャルHP-
ニコ★ロック
Stevie Wonderful
LORAN
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
なおきのバンド史 ~#6 飛翔~
2008-03-19 Wed 20:13
GOTTAの復活はあまりブランクを感じなかった。4人が一斉に音を出す。さすがに後夜祭の時ほどではないが、仕上げるのにほとんど時間はかからなかった。今回やる曲は夏のホールライブの曲+1。その+1は黒夢の最後の曲「MY STRANGE DAYS」。初の耳コピの曲に四人はわくわくしていた。

さらにGOTTAの他に企画バンドとして初心者ベースの「サットン」、そしてDOLCEのキョウチ、タケを加えた、「PULCH(プルチ)」というBOΦWYのコピーバンドを立ち上げていた。卒業ライブのセッションコーナーでのバンドとして結成されたバンドだが、このバンドも紆余曲折あったものの、サットン以外とは文化祭でベースのトモヒロを加えた、「MOTO-B(モトビー)」(全員元一年B組なので)なるバンドでBOΦWYをコピーしていたため、コミュニケーションは取れている。申し分なかった。

そして、高校の卒業。大学の入学を経て、4月16日。みんなは吉祥寺で再会した。

GOTTAはトップバッターであった。

初のライブハウスでのライブに慣れていなかったので、かなり緊張しており、開始時間を見誤っていた。

最終的に客のノリはよかったものの時間配分を間違え、最後に残しておいた「MY STRANGE DAYS」はできないまま終了。

後悔と自虐心にかられた。

――――――――――――――――――――――――――――――

<SET LIST>

GOTTA:1.FAKE STAR/2.FASTER BEAT/3.SUCK ME/

-MC-/4.NEEDLESS/5.S.O.S/6.後遺症/

-MC-/7.MASTURBATING SMILE/8.ROCK‘N’ROLL/9.LIKE A ANGEL

――――――――――――――――――――――――――――――

 とはいえ、逆にLIKE A ANGELで閉めて正解だったと今では思う。むしろ曲選をもうすこし一般よりにすればよかった。しかし、そんなことは考えもせず、かなりふて腐れていた。正直ガキだった。

 かといって、「PULCH」まで引きずるわけにも行かないので、自己還元。PULCHに臨んだ。

――――――――――――――――――――――――――――――

<SET LIST>

PULCH:1.NO,NEW YORK/2.BABY ACTION/3.DREAMIN‘

――――――――――――――――――――――――――――――

 やはりBOΦWYは認知が少なく盛り上がりに欠けたが、自分としては満足がいった

 最後にみんなでユニコーンの「すばらしき日々」を歌い、一夜限りの再結成ライブは平穏無事に終了。

 それは同時に高校生活の完全終了、並びに「GOTTA」の解散を意味した。

 打ち上げに行き、4人はそれぞれの道を行った・・・。

 そして、いよいよ大学生として活動の場を移す。

=高校生編・終=


・・・・以上で高校生編終了!大学生編はまた機会があったときにやりますよ☆短期集中連載とはいえ、最後までお付き合いいただき、ありがとうございました!
別窓 | 自分史 | コメント:0 | トラックバック:0 |
なおきのバンド史 ~#5 受験~
2008-03-18 Tue 20:10
「早くバンドやりてぇなぁ・・・。」

後夜祭を終え、受験戦争の真っ只中にいた。
高校自体が進学校だったし、周りが受験ムード一色だった。
今から思えば、この受験戦争という行事に自分なりのプライドみたいなものをかけていたのかもしれない。
生徒も二派に分かれており、「今を頑張り、現役で行こう」というタイプと「今年をあきらめ、浪人でがんばろう」というタイプ。
自分は前者に位置した。
来る日も来る日も勉強勉強。
冷徹なテキストにひしめき合ういくつかの問いをひたすら解いては、それをインプットするまで反復する。
この繰り返し・・・。

妙なことにそれをし続けていると安心するのだ。
極端な話をすると、どこそこのテキストで勉強をすれば、受かる。いわば、自慰めいたものか。
まさにオカルトめいた日々がいたずらに過ぎてゆく。

無理やり充実させられた日々・・・。それは自分にいくばくかの変化をもたらした。

サボることを知り、煙草も覚えた。

慣れない手つきで煙草に火をつけ、吐き出した煙に身をゆだねる。
「受験勉強して何の意味があるのか。」、「大学にいって立派な人間になれるのか。」
などといった理由なき批判は煙と一緒に消さざるを得なかった。
とにかく慢性的に欲求不満だった。


そんなある日の午後。
気心の知れた仲間と気分転換にファミレスで勉強していた。
英単語やら数学の公式やらがテーブルの上を踊り、収集がつかなくなった頃、元DOLCEのドラマー・タケが口を開いた。
「ねぇ。うちら卒業したらさ。卒業ライブを開こうよ!盛大にサ!」
みんな言うまでもなくそれに乗った。
目標がほしかった。
そして全ては始まった。


年が明け、ミレニアムになり、入試が始まった。
全ては卒業ライブのために・・・。
なおきはどうにか合格した。
他のみんなもそれぞれ進路は定まり、卒業を迎えた。
そして、GOTTAは復活した。
別窓 | 自分史 | コメント:0 | トラックバック:0 |
なおきのバンド史 ~#4 念願~
2008-03-17 Mon 22:05
外様である「GOTTA」が後夜祭に合格したことは、いろいろと反響が多かった。
「審査員を脅しただろう」や「もう一回オーディションし直せ」だの。
自分的には、「してやったり」という気分があって、ものすごく優越感に浸っていた。
 この年の後夜祭に出たバンドは四組。いずれも20組ものバンドがひしめき合うオーディションを制したつわものだ。

  ・AOI(Yen Town Band)

  ・GOTTA(黒夢)

  ・シュメールマン(Kemuri)

  ・DOLCE(X)

後夜祭当日、クラスの出し物を早めに済ませ、下北にダッシュで行き、ステージ用のTシャツを購入。ダッシュで高校に戻り、どうにかリハに間に合った。自分にとってちゃんとしたPAさんとリハをするのが初めてだ。
他のバンドのリハを見ながら、まだ客の入ってない広い体育館を見渡して、なおきはひとり「緊張のピーク」と「達成感」のハイブリットを感じていた。言葉に言い表せないような感覚。

「俺もここまできたんだな・・・。」

一年前は友人のライブを見る感覚で会場にいたが、今日は違う。友人達に見せるのだ。そう思うと背筋がピンとなる。
「なにはともあれ、あたって砕けろ。やるならやらねば!」
そう、自分に言い聞かせた。

二時間後・・・。

体育館は溢れんばかりの生徒達と熱気でごった返した。舞台袖からはその歓声のみしか確認できない。
他のバンド・メンバーも一同さっきのリハのときになおきが感じたハイブリットにさいなまれているのであろう。みんな妙に固くなっている。それもそうだ、高校最大の大舞台。400人を超えるステージなど高校生にはそう経験できる機会ではない。

「何固くなってるの?みんな~。」

と、言ったのは「AOI」のベースで三年間後夜祭に出続けたトモヒロ。すごくリラックスできている。すごいな。

司会の前説と同時に会場のボルテージは一気にヒートアップして来ている。舞台袖でも感じられる。

まずは緞帳のうらに「AOI」のメンバーがスタンバイし、決まりきったことのように緞帳が上がり、観客の顔の海が押し寄せる。

はじまった。

後夜祭だ。

夢にまで見たステージ!

「AOI」の演奏に涙する女子が舞台袖からうかがえる。もはや、常軌を逸した世界だ。
短すぎる「AOI」の演奏が終わり、ついに二番手「GOTTA」の登場である。

悔しいことに、ほとんど記憶が残っていない。

それだけ立ちたかったステージ。

なおきは涙していた。泣きじゃくるわけではない。ただただこの空間を構成することが出来ただけで、感極まったものがある。

148377969_140.jpg

上の写真はかろうじて残っていたものだ。
これでは臨場感など微塵も伝わらないお粗末なものであるが、
載せておこう。
正面が僕です。なんかやっぱ写真だと趣がないな。
でも、自分の中ではよくわかる。
本当に最高のステージだった。


「GOTTA」が終わって、103は客席のほうに行った。

すると、シゲがやってきた。
「よかったよ!!本当かっこよかった!!」
シゲは少し目を赤らめて言った。
「シゲ、本当にありがとう!ありがとう!」
二人の友情を確認しあった時だった。

なにはともあれ、トリの「DOLCE」のステージで全ては完結し、高校の青春が幕を閉じた。
そこから受験というしわ寄せが待っている。
しばしの活動停止である。

#5へ続く!
別窓 | 自分史 | コメント:0 | トラックバック:0 |
なおきのバンド史 ~#3 重圧~
2008-03-16 Sun 22:59
かくして、新バンド「GOTTA」は練習に入った。6月のことだ。
あと、3ヶ月。是が非でもオーディションに受からなくてはならない。シゲに申し訳が立たないのだ。
もはや重いプレッシャーの前にまわりからの「なぜシゲを解雇したのか。」や「ヨシノとくむ必要はないだろう。」といった後ろ指に103はかまっている暇は無かった。

「時間が無い。すこしでも多く練習がしたい。」

ほぼ高校三年生の夏休みを返上しての練習。受験生という立場としては全くの暴挙。しかし、なおきとしてはそんなことはもうどうでもいいことに思えた。

「後夜祭に出たい。」
それだけが支えだったように今は思う。

そして8/28四人は「Helmet Duncan」としてではなく、「GOTTA」として区民センターの「Summer Live」のステージに上がった。

がむしゃらだった。

しかし、黒夢一色となった四人のSET LISTには観客もほとんどついていけなかったようだ。現在でも自分が何を歌ったのかほとんど覚えていないことから、このライブの意味が推測される。

「なにがいけないのか?」苦悩した。

自分のやっていたことは間違いだったのか。

時は無常にも四人を待ってはくれず、天王山といわれる夏は終わりを告げ、オーディション当日を迎えた。シゲも「SUDDENLY」というバンドとしてオーディションを受けるようだ。

シゲ「まけねぇからな~!」

それまで全く別バンドとしてやってきたようなシゲの台詞は胸に突き刺さった。

かくして「GOTTA」のオーディションははじまった。
たしか、「FAKE STAR」と「Rock’N’Roll」という曲を演奏したはずだ。
結果は夕方に電話で報告するとのことで、「GOTTA」の面々はひとまず学校を出る。
様々な憶測と同時に。
とりあえず、「GOTTA」の面々は中野坂上のジョナサンに行き、仲のいいバンド「Dolce」のメンバーといた。

「お互いの受かればいいな~」

と、Dolceの面々がいう。全くだ。

・・・ドキドキ。なんとも張り詰めた緊張が空気を支配する。

『プルル!』

「!!」

あわてて電話を取る。

「も、もしもし?」

『おう、どうよ?結果の電話きた?』

他のバンドのやつだ。

「びびらせんなよ!!きてないよ!」

『あ、わり~。この電話かとおもった?』

プツ!



もうすぐ四時にさしかかろうとしている。まだみんなの電話はならない。

あきらめかけてたその時!

『プルルル!』

「!!」

他のやつだったらぶっ殺す!とおもいつつ、いそいそと電話に出た。

「も、もしもし!」

「あ、後夜祭実行委員ですが、オーディションの結果をお知らせいたします。」

きた!自分のめくばせで周りの視線が集中する、

「結果のほう・・・みごと合格となりましたので、当日リハーサルの時間になりましたら、お越しください!」

「ありがとうございます!!」

やった!!ついに念願がかなった!同時に「Dolce」にも電話がかかり、場に居合わせたバンドは両方とも合格した。

「やったな!」「おめでとう!」「本番盛り上げようぜ!!」

言葉が無かった。見つけようが無かった。

ただいまはこの歓喜に酔いしれるしかなかった。

これで終わりではない。本番成功せねば!

#4へつづく
別窓 | 自分史 | コメント:0 | トラックバック:0 |
なおきのバンド史 ~#2 分裂~
2008-03-15 Sat 23:51
初めての公衆の面前の演奏で、合格したことによって、なおきは有頂天だった。

『君歌うまいね~!』、『Helmet Duncanかっこいいね~!』

区民センターの他のバンドの人から、職員の人から言われつづけていた。

年が明けて1999年3月。Helmet DuncanはActive Festa Liveに参加する。

――――――――――――――――――――――――――――――

SETLIST:1.STORM(LUNA SEA)/2.Vivid Colors(L’Arc~en~Ciel)/3.I Love You Baby(THE YELLOW MONKEY)

4.BLUE TRANSPALENCY(LUNA SEA)/5.Blurry Eyes(L’Arc~en~Ciel)/6.Precious…(LUNA SEA)

――――――――――――――――――――――――――――――

Active Festaも成功に終わり、1つの願望が膨れ上がった。

それは高校の文化祭の最終日に行われる「後夜祭ライブ」への出場である。
後夜祭ライブは軽音楽部(三年生から入部。)の一大イベントで全校生徒400人の前で演奏を披露し、毎年大きな盛り上がりを見せている。Helmet Duncanを結成した直後、後夜祭が行われ、観客としてステージを見ていた。

「来年は確実にステージに立ってやる!」

そう固く誓うのであった・・・。
しかしこの後夜祭。夕方から始まるために時間が限られ、みんながみんな出れるわけではない。そこで毎年8月末にオーディションが行われ、だいたい20組のバンドのうち、4組が出場できるという。非常に狭き門なのである。しかも、そのオーディションに受かるためにはコピーするバンドを統一する必要があるらしい、と生徒の間でまことしやかに語られていたのだ。

「バンドを統一すべし、か・・・。」

当時Helmet Duncanは好きな曲を持ち寄ってコピーしていたため、バラバラ。正直困っていた。

4月、Helmet Duncanに重大な局面がおとずれる。

クマガイの脱退。技術的な面の自信の損失や受験勉強などの理由だった。4人編成になったHelmet Duncanは区民センターの「Spring Live」のオーディションに上がった。有頂天のなおきは楽勝とばかりに「MEMORY(BOΦWY)」を歌った。しかし、結果は不合格。心底落ち込んでしまう。

「このままだと後夜祭に出れない・・・。」

そんななか軽音楽部で活躍していたベーシスト・ヨシノから「黒夢のバンドやろうよ」という話が持ち上がる。二人はギターとドラムのメンバーの獲得に走るが、収穫はなく、途方にくれるなおき。そこにもはやHelmet Duncanへの愛情は消えうせていた。
 結局、黒夢好きのシラドとヨシノの親友であるハネが加入し、新バンド「GOTTA」を結成するが、結局Helmet Duncan内でベーシストを入れ替えた結果となった。シゲはこのことをうらむわけも無く、紳士に受け止めてくれた。これで実質上「Helmet Duncan」は解散する。

その後、シゲはハネとシラドと「Suddenly」なるバンドを結成している。

「俺のわがままのせいでシゲを裏切ってしまった・・・。」

シゲを解雇するかっこうになった自分を悔やみづづけた。しかし、そう悔やんでいる暇はなく「GOTTA」は夏のオーディションに向けて動き出した。

#3へ!!
別窓 | 自分史 | コメント:0 | トラックバック:0 |
なおきのバンド史 ~#1 結成~
2008-03-14 Fri 23:35
実は今年で僕はバンドを始めて10周年なんですわ。
というわけで、これからしばらくバンド生活を振り返ろうと思います。


あれは今から10年前の高校2年の時、アメフト部を辞めたなおきは、自分に自信が持てず、
とくにすることもなく、いたずらに日々をすごしていた。

「これから何をすればいいのかな・・・。」

本当にどうしようもない時期だった。今でも思う。

しかしその年の夏、なおきは小学校からずっと一緒だった幼馴染だった友達からバンドでボーカルをやってほしいと誘いを受ける。

たしかに中学校の頃から、カラオケが大好きだったが、容姿も知識もまったく無いので、公衆の面前で披露するには自信が無い。というか、恥ずかしい。
当初は断りつづけていたが、半ば押し切られた形で承諾する。

初めてスタジオに入った。ミキサーの使い方がおぼつかず、することもなく、とりあえずLUNASEAの「IN SILENCE」をCDにあわせて歌っていたことを記憶している。その後、改めて互いに自己紹介。幼馴染のシラド(guitar)、陸上部のクマガイ(guitar)、剣道部のシゲ(bass)、しらどのクラスメートのヨシカワ(drums)となおき(vocal)の5人。バンド名はなぜか「F-ZUI(ふずい)」となった。全員まったくずぶの素人。互いにうまくなろうとわかちあった。

それからというもの、練習の音沙汰もなく夏休みが終わり、どうなるのかと思った矢先、吉川が突然の脱退。どうも大学受験がきになったからだそうだ。早くも「F-ZUI」は活動休止せざるを得ない状況となってしまった。

秋。ひょんなとこからドラムを獲得する。アメフト部所属時の同志ハネが加入した。
彼は独学でドラムをやっていたので、早くもスタジオで課題曲の「Yes,Summerdays(GLAY)」が取り掛かることが出来た。こうしてハネの加入により、F-ZUIのメンバーを集結。バンド名を同級生のあだ名で語呂が気に入ってた「Helmet Duncan(ヘルメット・ダンカン)」と改め活動を再開した。

それから、目標をクリスマスに区民センターで行われるライブに照準を合わせ、オーディション用に「Like A Angel(黒夢)」をコピーした。初心者のシゲにとっては相当苦難の連続であったと思う。

そして、待ちに待ったオーディション当日。総勢14組中,ライブに出れるのは半分の7組。初めて人前で見せるステージング。いやが負うにも緊張していた。そして、Helmet Duncanの出番がきた・・・。

なおき「10番、Helmet Duncanです。Like A Angelを演奏します。」

緊張のピークだった。しかし、がむしゃらにやるしかなかった。これしか方法はないのだし・・・。

演奏を終えて、各々ミスを思い出し、悔やんでいた。しかし、無常にも結果発表となる・・・。

『それではライブに出演する7組を発表します。』

ドキドキ・・・。たのむ!受かってくれ!

『番号順に発表します。1番!4番!5番!8番!』

たのむぅ!!

10番!!13番!14番!以上の7組です!』

やった!!うかった!!結成してわずか1ヵ月半!Helmet Duncanは他の人から受け入れられた。この時の感動は忘れない。

そして、12月25日。「X‘MAS LIVE’98」と銘打たれたライブにHelmet Duncanは出場。

――――――――――――――――――――――――――――――

SETLIST:1.FLOWER(L’Arc~en~Ciel)/2.Dejavu(LUNA SEA)
3.MY WINDING ROAD(THE YELLOW MONKEY)/4.IN MY DREAM(LUNA SEA)
5.Like A Angel(黒夢)/6.SHINE(LUNA SEA)

――――――――――――――――――――――――――――――

ライブを終えて、なおきは何事にも変えがたい充実感を感じていた。

なおき「よし!次は3月のACTIVE FESTA LIVEだ!!」

なおきのバンド生活はまだまだ始まったばかりである。

#2に続く!!
別窓 | 自分史 | コメント:0 | トラックバック:0 |
10年ひとむかし
2008-03-13 Thu 23:25
とあることで、高校生の教科書を見る機会ができ、
高校を卒業して10年が経った今。ものすごく気になって、
ちょっと熟読した。

現代社会を!


ながめていると、あぁ、こんなのやったなぁのオンパレード。

なつかしみつつ、後半の経済分野に入ると

でてくるでてくる!
仕事中飛び交う言葉や仕事上知っておかなきゃいけない言葉。

みなさんはわかりますか?


①スタグフレーション

②金融コングロマリット

③コーポレート・ガバナンス

④ペイオフ

いずれもしっておかなきゃならない語句ではあります。
本当、時の流れを感じるorz

<語句解説>
①景気が後退しているさなか、物価が高騰すること。
②金融商品多角的に扱う企業のこと。
③企業統治
④金融機関が破綻した場合に、預金口座について、ある一定の金額までしか払い戻しを保証されない制度
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
TRAIN#2 ~中央線~
2008-03-12 Wed 22:10
20080313011006
さてさて、鉄道談義第二弾!
オレンジ色の電車と言えば、昔から僕は中央線でした。
(厳密に言うと、中央線快速ですが、ここで通称で中央線にします。その辺の謎はまたゆっくり。)

「中央線イコール遠出」という方程式がうちの中でありまして、
よく夏になると中央線の特別快速に乗って昭和記念公園のレインボープールによく行ったっけ。

東京から高尾までを結ぶ、中央線。
本当に都心とベットタウンをつなぐいわゆる通勤路線です。
細かく言えば、中央線は高尾の先は甲府を経て、名古屋までつながってます。

上の画像は去年お目見え新型車両。本当にようやくきれいになりました。
それまでの旧型は前面オレンジの「That's 中央線」という感じで長年稼動してきました。
僕が生まれた頃から走ってたので、20数年間、この中央線を支えてきたことになります。
でも、何故新しい車両が来なかったのだろうか・・・。
一説には、人身事故が多過ぎるから、新型を入れる気になれなかったとか、
並走する総武線と明確な区別が必要だったとか。諸説さまざまありますが、
単に旧型がバブル期に作ったヤツだから、作りがなかなか老朽化しなかったからでしょう。
旧型は最近めっきり見なくなりました。ぼちぼち中央線から姿を消す日も近いことでしょう。

↓旧型「That's 中央線」
Ct201.jpg
別窓 | TRAIN | コメント:2 | トラックバック:0 |
ARTISTS#6.5 ~BOZとTOTO~
2008-03-11 Tue 21:31
今日はARTISTS#6.5です。

なんで?6.5かって?


それは、BOZ SCAGGSとTOTOのことなんで、
6と7の間で、6.5!




実は今TOTOとBOZ SCAGGSが来日公演している。
僕も超行きたかったが、いかんせんチケットが高く、速攻SOLD OUT。
泣く泣く断念したのだが、




この日本でのツアーを最後に・・・。





TOTOが

無期限活動停止だって!!






死んでも死に切れん!!
別窓 | ARTISTS | コメント:0 | トラックバック:0 |
突き進んでいくこと。
2008-03-10 Mon 22:06
まぁ最近、よく将来について(近い~、遠い~両方含む)話す機会が増えてきました。

今年27で、もう30が目の前なんだから、すぐこうしないとまずい。とか、
周りの人よりも私は割に合わない仕事をしている。とか、
あいつのほうがいい人生送ってる。とか・・・。

まぁ人間、隣の家の芝生は蒼く見えます。
それは悪いことじゃないし、必然だと思う。
かくいう自分にもそういう考え方は余裕でする。

でも、

自分の決めた道に自信を持つ(過信でもいい)って大事だと思う。

そして、

間違いを認め、正すことは大事だとも思う。
人間誰だって間違えることはよくある。
そりゃそうだ。
その間違いを成功に変える糧にすればいいではないか。

「え?何が言いたいの?あんたは!」
と思った人は多いかもしれない。

僕が思うこと・・・。それは。

「自分の決めた選択に自信も持たず、間違いを気にするどころか、後悔し、絶望し、悲観的になりながら、人生を歩んでいくことほどもったいないことはない!」ということだ!

自分の決めた道は自分が選んだのだから、間違いはないはずだ。自信を持っていいと思う。もし、自分の決めた道に後悔するなら直せばいい。失敗は成功への近道だ。次の選択で自信を持てばいい。

だから、「どうせおれは・・・・」とか、「わたしなんかが・・・」なんて考えないでほしい。

「俺の人生」、「私の人生」。決めるのは、他ならぬ「俺」や「私」なんだから・・・。
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
高尾山を制せ!
2008-03-09 Sun 22:02
今日はなんとなく。

20080310120229

高尾山登ってきました!

都会の喧騒で乾ききってしまった心を癒すべく!
京王線に飛び乗り、11:00。高尾山口に到着!
東京出身の僕にとって、高尾山はお手軽登山の場所として、
家族で、無論学校で、そして友達で、
ことあるごとに行ってましたが、
近年はほとんどご無沙汰。十数年ぶりの上陸となりました。
しかも、今回はふもとから山頂まで、徒歩!
ケーブルカーやリフトはありますが、そんな機械に頼らず、
自分の足で進むのだ!

一号路という比較的長めの道を選び、いざ出発。
意気揚揚と歩いていると、これが意外と大変!
ケーブルカーを作る意味が痛いほど分かる!

ただそうも行ってられないので、無言で登る登る登る・・・。

200803101202292

↑途中にある、『たこ杉』。マジでなつかしい。

スタートから100分少々。
山頂到着!
とりあえず、腹が減ったので、
高尾山の見所のひとつである「そばや」に入り、そばをすする。

200803101202294

↑たぬきとろろそば。そばが平うちでした。
達成感の中、すするそばが異常にうまかった!
その後、六号路という、崖の多い山道を下り、高尾山は終了!


200803101202296

↑その後、仙川の温泉でドクターフィッシュやりました。

大満足と大疲労の日曜でしたw
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
都道府県の場所を覚えよう その3
2008-03-08 Sat 22:28
さぁ!ラスト!突っ走っていくぜぇ!!

四国中国

中国四国地方!
①まず二つの四角形を置きます!下のほうが短いほうにする。
②上の四角形はまず1:3で縦スライス!左の四角形は山口!
③右の四角形を縦二等分・横(上から1:2)スライス!
④そして、上から左:島根・右:鳥取、下は左:広島・右:岡山!!これ中国地方!
下の四角形を縦横二等分スライス!
そして、上から左:愛媛・右:香川、下は左:高知・右:徳島!!これ四国!!カンタ~ン!!


九州

ラストは九州地方!
①まず大きい四角と小さい四角を上の辺にあわすように配置。
小さい四角は長崎!
②長崎の下の辺をそのまま伸ばし、横スライス!
③長崎の隣の四角形を1:1:2くらいの割合で縦スライス!
左から佐賀!福岡!大分!
④その下の四角形を上から2:1で横スライス!
一番下の四角形は鹿児島!
⑤残った真ん中の四角形を縦二等分スライスし、左:熊本・右:宮崎!!!
九州!!!

以上で、都道府県の配置は簡単に覚えられたでしょうか!?
あくまでも、簡素化した図ですので、厳密に言うと、正確ではありません。あしからず!!
これで、どこいっても迷子にならないよorz
別窓 | それ地理だよ! | コメント:0 | トラックバック:0 |
都道府県の場所を覚えよう その2
2008-03-07 Fri 22:30
二回目!
さぁ、どんどん覚えましょう!

まず、北陸地方!
hokuriku.jpg

これはものすごく形容しがたいので、
図のように覚えてくださいorz


続きまして、中部・東海地方!
chuubu.jpg


①まず大きな真四角を書き、
②二等分スライス!
③上から左:岐阜・右:長野、下は左:愛知・右:静岡です。
④最後に長野と静岡の間にかわいらしい真四角を描き、山梨!!


最後は近畿地方やでぇ!!
kinki.jpg


①まず大きい四角を書き、となりに上の辺をあわすように、小さい四角を書き、小さい四角は、兵庫♪
②大きい四角を左右2:1で縦スライス!
③さらに、大きい四角上下2:1で横スライス!
④上から左:京都・右:滋賀!右下は三重!
⑤のこった下の四角をさらに二等分横スライスし、その上の長四角を縦に二等分スライス!
⑥上から左:大阪・右:奈良。下は和歌山!



・・・・ちょっとくるしくなってきたかな!?
まぁ、わかりやすいはず・・・。
別窓 | それ地理だよ! | コメント:0 | トラックバック:0 |
都道府県の場所を覚えよう その1
2008-03-06 Thu 22:08
みなさん都道府県の位置はしっかりしてますか?
意外に知らない人も多いことでしょう。

こんなものは簡略化して覚えぃ!
てなわけで、お教えしましょう!


touhoku.jpg

まず、東北地方!
図を見てみましょう。

①まず長四角を書き、
②横に四等分スライスして、
③真ん中の2ブロックに縦線をいれて、4ブロックにします。
④上から青森、左:秋田・右:岩手、左:山形・右:宮城、最後に福島!これで完成!



簡単でしょ!?



ではもうひとつ!
kantou.jpg


関東地方!
図を参照!

①まず真四角を書き、横に1:2スライスし上の四角をたてに三等分スライスし、3ブロック作る(左から群馬、栃木、茨城)。
②栃木と茨城の境界線を下まで伸ばし、茨城の下は千葉!
③千葉の隣の四角をさらに横三等分スライス!
④上から埼玉、東京、神奈川!

ほら簡単だぁ!
こんな要領で簡略化して覚えると、意外と簡単ですよ!
次回へ続く!
別窓 | それ地理だよ! | コメント:0 | トラックバック:0 |
spring soon
2008-03-05 Wed 23:29
春一番が吹いて、三月に入り、桜の開花予報がテレビで放送されれば、ぼちぼち春の足音が聞こえて来ます。

とはいえ、春は自分にとって非常に分が悪いシーズンです。
全ての根源は花粉症!
今年はここ最近でも、とりわけひどく。四六時中鼻水・鼻だれしてます。
たまに寝てる間に目の回りに目やにのごとくまとわりついて、
朝、目が開かなかったことすらあります。
そして、去年あたりから花粉と併せて、黄砂の飛散がひどく、
くしゃみがとまらないなんてことがあります。



でも、絶対マスクはしない!



だって、花粉や黄砂に

負けた気がするから!!
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
ARTISTS#8 ~MEGADETH~
2008-03-04 Tue 22:05
おまちかねの第8回は、前回前々回のAORからまたしても、
メタルに回帰!MEGADETH

251297448_144.jpg


画像は2002年当時のラインナップで、左から
ジミー・デ・グラッソ(ドラム)
アル・ピトレリ(ギター)
デイヴ・ムスティン(ギター・ボーカル)
デヴィット・エルフソン(ベース)

メガデスは、アメリカのヘヴィメタル・ロックバンドで、前述の「メタリカ」と並び、スラッシュメタル四天王の一つに数えられてます。
複雑なリフの絡み合いを特長としギターでリーダーの「デイヴ・ムスティン」が"インテレクチュアルへヴィメタル"と称し、他のスラッシュメタルとは一線を画していたそうで・・・。
初期のメガデスはギター兼ヴォーカルのデイヴ・ムステインとベースのデイヴィッド・エフレソン以外のメンバーは固定せず、アルバムごとにメンバーが入れ替わっている状態であった。2002年に突如解散したのですが、2004年から再び復活しており、長年連れ添ったベースのデイヴィッド・エフレソンがおらず、もはやデイヴのソロプロジェクト的扱いといっても過言ではないでしょう。
さらに、中期にギターとして所属していた「マーティー・フリードマン」は大の親日家で、現在は日本に住んでおり、よくテレビにヘビメタ外人としてでてきます。
ちなみに「メガデス(Megadeath)」の元の意味は、核兵器の威力を表す、或いは同一の死因による死者数の単位で、1メガデスあたり100万人の殺傷力があるという。 バンド名から意図的にaを抜いたのは、死との関連性を薄めるため(ムステイン本人談)だとか・・・。
さらにはその独創的な世界観からか、熱狂的な信者も多く、よく少年犯罪の件で悪影響を与えると槍玉にされることもしばしば。

自分は大学二年・三年で何回かライブでやってました。かなりデイヴの歌声が特徴的でデス声ではない、もっと暗黒などこか寂しい歌声で、ものすごく落ちてるときに聴くと、すごく入ってきます。
別窓 | ARTISTS | コメント:0 | トラックバック:0 |
なくてはならないもの
2008-03-03 Mon 22:10
454379748_134.jpg

トレーニングをする上で、必ず飲用しているのが、こちらのサプリでございます。

その名も『MUSASHIのファン』です。

これを運動前に粉末ひとさじ飲むと、代謝があがり、脂肪もうまく分解してくれます。

ただし、

このサプリ。

めっぽうまずい!!!
そして、くさい!!


毎回飲んで、五秒ほど悶えます。

とはいえ、こいつがないと、やる気がでないことはたしかです。
別窓 | グッズ紹介 | コメント:2 | トラックバック:0 |
TRAIN#1 ~丸ノ内線~
2008-03-02 Sun 22:59
僕は電車が好きです。
いわゆる、「てっちゃん」です。
これから、いくつか電車について語っていきたいと思います。
まず一発目は、

DSCN4185_r.jpg

丸ノ内線

もう長いお付き合いです。
ものごころついた頃から、基本的に電車に乗るとしたら、こいつに乗ります。
池袋から荻窪までを、大手町や銀座・霞ヶ関・新宿と東京の主要オフィス街をめぐる赤いライン。
東京で二番目にできた地下鉄でもあり、なかなか古い歴史を持ってます。

コイツの特筆すべき点は、
電気を下から取ります。
普通、電車は上に引いてある電線をパンタグラフというひし形のヤツで取るんですけど、
コイツはサイドに電気の通ったレールがあってそこからとります。

ど~でも良い話ですが!


んで、小さい頃は上の画像みたいなヤツじゃなくて
img025.jpg

↑こんな赤~い電車でした。

またこの赤いヤツには冷房が無くて、
夏は最悪の車内!本当に地獄のようでした。

新宿に出るにはいつもコイツにのって10分少々。
本当、あいも変わらずお世話になってます。
別窓 | TRAIN | コメント:2 | トラックバック:0 |
| 寝る寸前のブログ | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。